FC2ブログ
あんすら白書2
メイポの楓鯖にて日々頑張っている気がする暗須羅ー(あんすらー)が徒然なるまま書いてるかもしれないブログなのかもですっ(長っ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北海道から帰ってきて…(斬り賊育成法)
卒業旅行ということで
北海道に3/6~3/8まで大学の
仲間と一緒に旅してきますたっ(ノд`)

おかげで5日間も狩してないせいか
すっかりランクかわってますたっ><

それはさておき、今日も育成法を書きましょうかね(

本日は投げ賊のせいでちょっと陰的な存在に
なってますが、やっぱりカッコイイし投げより生存率高いし
ジャコモ本体戦でとっても貴重な大量破壊兵器
斬り賊ことMシフ(MasterThief)の暗的育成法を(
今回は投げ斬り賊法で

投げ斬り賊
長所:斬り賊は斬りのスキルで考えると一次職のスキルは
ダブルスタブですが、実際ラッキーセブンと比較すると
ラッキーセブンの方が威力は↑ですし、遠距離なので
薬代も節約できます。プログレスやクリティカルが無いので
威力が微妙では?と思われますが、実際サベジスタブをマスター
すれば用済みになりますw(要らなくなるのは投げが最速で
プログレス・クリティカルをマスターする頃くらいなので
大して変わりません)
短所:やはり問題なのは手裏剣の用意や篭手の用意でしょう。
篭手に関しては短剣の代わりに篭手を使用するわけですから
そこまで大差ありませんが、手裏剣はやはりモノを揃えると
お金がかかります。でも短所といえばそれくらいですw

まずは一次職(ローグ)
スキル振り:シックスセンス+3
      ロングスロー+8(MAX)
      ラッキーセブン+20(MAX)
      ディスオーダー+3
      ダークサイト+20(MAX)
      (残り6Pは好きなスキルにお勧めはシックスセンス)
これも地道に10LVにあげて転職したらチャリクエで15LVまで
最低あげて、その頃にはラッキーセブンがある程度使えるように
なっているのでバシバシ投げましょうw
20まではきのこ森、それ以降はアリの巣やグルクエで30まで
あげましょー

斬り賊の場合、攻撃力の高さがどうしても必要(*後述)なので
どうしても装備品に関しては現状もっとも手に入れやすく威力の
高い龍天拳を装備する必要が出てきます。
それを踏まえるとDEX+120まであげる必要性がありますので
装備品に関しては一概に前もって揃えておく必要があるかと
いえば、そうでもないです^^;
ただ、DEXを稼げる耳やアイゼン・マントについては
前もって揃えておく価値はありますね。

さて、それでは二次職(シーフ)について
スキル振り:プログレス+19
      サベジスタブ+30(MAX)
      ヘイスト+?(現時点で自分が装備補正と合わせてMAXになるまで程度に抑える)
      ブースター+10
      ヘイスト(残りの分)+?(MAX)
      ブースター+10(MAX)
      サバイバル+20(MAX)
      (残り12Pは好きなスキルへここらでシックスセンスをMAXにできれば心強い?それでもあまったらディスオーダーとかへw)

と、このようにプログレスは問答無用で19まであげたら、その後は
まずサベジの確保(大体25、6あたりからラッキーセブンの代わりにサベジを使っていけるはず)サベジの使い時は敵モンスターを一撃で落とせるかどうかで検討しましょう。(一撃で落とせるか落とせないかで狩りでの消費がかなり違います。基本的に接近戦はマゾですからw)
ブースターはかなり後回しになっていますが、正直ブースターはあれば
確かにサベジで連続斬りしやすいですが、このLVの頃はペットボトル、
劉家之剣、うちわ、など攻撃速度が早いものが揃えやすいです。
早い+ブースターはかなり心強いですが、あまり慣れすぎると
禁断症状が出てくるので注意w(龍天は「やや早い」ですからねw)

狩場は、サベジはまだまだ先なので40代前半あたりまで鴉を
狩り、40代前半から50代前半まで狐を狩りましょう。
(なお、動物の森もいいですが、狐の方がHPも低く、経験値も効率が
いいので、狐の山の方がお勧めです。)
基本的に、斬りは一撃殺できないとたいてい狩りでも赤字です。
高レベルの狩場になるまで一撃殺で狩りができないと事実、
斬りはやっていけません。
そういった意味では斬りの狩場の目安としては他の人よりも
10LV分くらい遅れての狩場の流れになるのが望ましいです。
(よくあるのは、80LVまでゾンビだったり、武器庫入りも130LV
くらいを目安にしたほうがよかったりとw)
話を戻します。50代前半あたりから早ければ裏通り1にいけます。
これは攻撃力の強化具合によりけりですが、まぁそのままの流れで
裏通り2へもいけます。
そして早くて50代後半、安定して狩るなら60代入って(もしくは半ばから)ですが、ようやっと死森デビューですね。やはり一撃殺ができるのが望ましいです。(斬りは威力が重要なのでタコをバシバシ使っても構わないでしょう。その方がよっぽど黒字になれます。)

さぁようやっと三次職(マスターシーフ)です
スキル振り:アサルター+20
      チャクラ+3
      メルガード+10
      シーブス+18
      アサルター+10(MAX)
      メルエクスプロージョン+3
      ビッグポケット+18
      チャクラ+17
      シーブス+12(MAX)
      メルガード+10(MAX)
      メルエクスプロージョン+17(MAX)
      (残り13Pは好きなスキルへ…3次職スキルでMAXにしていないところをMAXにしたりするなど、いろいろ)
斬り賊の三次スキルはかなりの種類・タイプに分かれていて、最終的には同じような内容になるものの振り方によってはかなり変わります。
その中でもこれはほぼスタンダードタイプに近い育て方だと思います。アサルターは狩場での移動手段としてもかなり有効でまた、防御無視
スキルで一撃で大ダメージを与えられるスキルなので、序盤でも
かなり重宝します(LV21以降はダメージが5%ずつしか増えないので
後回しにしています。)
メルガードもかなり有効なスキルで、序盤で覚えておくと親分狩りも
80代あたりからすることができます。このタイプはアサルター先上げ
でシーブスを後回しにしているので殲滅速度をあげてとにかく狩りたい
という人はシーブスを先上げするのもいいでしょう。

狩場に関しては、80代あたりまではゾンビ(場合によっては駐車場や金融でもいいかもw)このタイプならば80代前半から親分を相手にしたりなどと、育て方によっては狩場はかなり変わってきます。が、
やはり威力を見て自分で判断する、が正しいでしょうね。
斬りは一撃の威力の高さが求められますので…


というわけで、今回はアンスラー流斬り賊の育成法でした。
(ついでに言うと斬りはいろいろネタキャラ作れるので個人的に好きですねw例えばうちゎ賊とか…ステ振りはDEX25にしたらひたすらLUKにして、STR35は鎧↑でSTR14、黄色マントでSTR16、ニムブルリストでSTR1で初期値STR4あれば賄えますwうちゎの速度も酔いしれるしMEの大好きな極LUK賊としていけますねっw)
スポンサーサイト
今日は考察(両刀DK編/修正)
本日は狩りをしていませんので、久しぶりに各職に関する
考察を書いていこうと思います。
(といってもこのブログで書くのは初めてですがw)

今回はアンスラー流?DK(DragonKnigth=ドラゴンナイト)
育成法を書きます。
ME的にDKさんの伺った話や調査をしたところ、
最近は両刀で行かれる方もよく見かけますね。

両刀DKの場合
長所:3次スキルで優秀なバスター・スラッシャーを場面
場面で使いこなせるので長い目で見ると自身が戦いやすい
短所:EXアタックを犠牲にして他のスキルに振るので威力
の面では結構劣り、3次職の序盤まで育成が辛いです。

*:しかし、実際のところLV120以降もずっと狩りをしていく
ことを考えると、最近の高レベル狩場(武器庫やバイキング)
では、バスター・スラッシャー、両方使えると有利な場面
が多いので個人的には両刀は頑張ってでも目指したい所です
(武器庫PTでは親分担当が多いDKですが場面によってはスラッシャー
が使えると戦車もやれたり、バイキングPTでもスラッシャーが
使えれば一番上の段での配置で狩るときもかなり楽です。
逆もまた然り^^;)
またEXアタック自体・バスター・スラッシャーを覚える頃には
使われることがなくなるので存在そのものいらない、と割り切って
両刀にする方が事実いらっしゃるそうですね。


まずは、一次職(ファイター)
スキル振り:リカバリー+5
      バイタライズ+10(MAX)
      パワーストライク+10
      スラッシュブラスト+10
      パワーストライク+10(MAX)
      スラッシュブラスト+10(MAX)
      (残り6Pは好きなスキル:お勧めはレスト)
正直な話、LV10までは地道に頑張ってあげて
LV10で一次転職をしたら最低LV15になるまで
チャーリーの交換クエを利用した方が早いだろう。
(この時点で16PのSPに余裕ができる。)
そして地道に20LVくらいまではきのこの森に篭り、20を
超えだしたあたりでアリの巣&グルクエ利用を。
早ければ20代後半あたりからイビルアイの巣でスラブラを
かましまくってレベルをあげていくといいでしょう。

ここで装備品に関する話。
このゲーム、正直防御力ははっきりいって高レベルになれば
なるほど、高くても大して意味は無く、ステータス補正効果
がよくない限りは低LVの頃から装備できる装備品で全部を
賄ってしまっても構わないのが事実です。
そういった意味では序盤から使える強化装備品として
・茶頭巾(防御10%OR30%書強化+元の命中補正で計命中+10↑)
・タオル(DEX+20↑できれば素早さ全身10%OR30%書が3枚以上通っていると移動速度が+されるのでなお宜しい)
・軍手(攻撃+10↑とDEX+10↑の両方があると望ましい)
・アイゼン(DEX+10↑または命中+10個人的には命中+10↑、またお金に余裕があるならばこれとは別に移動用のアイゼンなどを製作しておくと面白いかもしれません。)
・マント(黄色でDEX+14↑の物または桃で攻撃+3、DEX+6↑)
と、言った装備は結構序盤のうちから揃えられる品で
終盤以降も使える装備である。
装備で命中補正をまかなえればかなりDEXを削ってSTRに振ることが
できますね。(DEX40~60の間に抑えられると望ましいが、実際は状況によりけりですね…DKの場合だとPTに組み込まれやすいのでソロ用に命中や速度の補正をそこまで求める必要はありませんが、ソロ用の装備とPT用の装備と使い分けられるようにしておくとお金はかかりますが狩りがとても楽です。)

ここで話戻って次は二次職(スピアマン)
スキル振り:プログレス(槍OR鉾)+19*
      ブースター(槍OR鉾)+10
      アイアンウォール+3
      ハイパーボディー+30(MAX)
      ブースター(槍OR鉾)+10(MAX)
      プログレス(残った方)+19
      ブースター(残った方)+20(MAX)
      プログレス(槍OR鉾)+1(MAX)
      プログレス(残った方)+1(MAX)
      (残り8Pは好きなスキルへ:ただしEXアタックは
      中途半端に振っても意味が無いので止めておくコト)
*:個人的にはスノボが利用できる鉾を優先にしていくと良いと思いますね。やはり速度が普通なのは貴重かと。(ただし、最近は槍版のネタ装備?スキー板も出回っていますのでどちらかの強化品ができればそれ優先で。)

さぁ、ここからが正念場。実際二次職に就いてからは覚えるような攻撃スキルは皆無であり、プログレスやブースターによって今までの状態が
改善されるのと、ハイパーボディによるHP/MP補正がPT狩りにおいても
かなり有利なので必要である、程度です^^;
(修正:プログレスは装備時にのみ適用なので両方をMAXにしても
命中は20が上限です。)
正直な話をしますと、ここまで育てるには装備品に対する莫大な投資
が必要ですし、また狩りに関する費用もかなり掛かりますが
一定のLVを超えればかなり楽になるので地道に頑張ってほしいところ。
狩場に関しては30代前半はカズアイの巣?(名前怪しい)
や40代あたりは猿を相手にしたり、50代は死森やドレイクの食卓
を利用したりなど、とにかくソロでも沸きのいいところでじっくり
狩るスタイルが多いですね。(スラブラでまとめて狩る手法が利用できる狩場が多い?)

さぁようやく三次職(ドラゴンナイト)
スキル振り:バスター(槍)ORドラゴンスラッシャー(鉾)+30(MAX)*
      エレメンタルレジスト+1
      バスターORスラッシャーの残った方+30(MAX)
      サクリファイス+3
      ドラゴンロア+30(MAX)
      サクリファイス+27(MAX)
      エレメンタルレジスト+19(MAX)
      (残り11Pを好きなスキルへ)
*:ここは結構なやむところですが、BPPTやバイキングPT(最上段以外)
をすることなど考えると先にバスターですね。(スラッシャー先上げならば駐車場や金融が楽ですが、あげきる頃には他の狩場に行けるようになっています^^;)
レジストはとりあえず主力スキルを振り終わった後からでも1だけ振っておけばバイキンPT入りする頃に十分間に合うので振りましょう。
ドラゴンロアはかなり後回しになっていますが、実戦で使うのは
ビシャスの爆弾処理やジャクム本体戦の雑魚一掃くらいなので
この順番であげているLVの頃で十分だと思います。
(ビシャスも110↑くらいはないとやはり戦力として不安ですし)
狩場に関しては早ければ70代から駐車場・金融あたりでD子を狩り
まくって、80代半ばあたりからBPとかでしょうか88から一応
バイキングPTに参加できるとはいえ、やはり100LV近くからでないと
実戦的ではないと思います。
そして120代前後から武器庫PTに参戦でしょうか。
(やはり一定の基準を満たしていないと親分処理の配置が多いので
安定して狩れないといった場面があります。)



以上がアンスラー的DKの育成法ですが、実際のところは異なる部分も
あるとは思います。ですが大体の大まかな流れはこんな感じだと
思いますので、もし時間とメルがありましたら実践してみてくださいね
少しでも参考程度になればいいと思いますので^^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。